社団法人 泉和会 千代田病院

ホーム / 看護部
看護部
栄養科イメージ

ごあいさつ

看護部長認定看護管理者 中武 郁子

地域の皆様に愛される看護、愛される病院を目指して

当院は平成24年6月に新築移転致しました。
新しい千代田病院で働く喜びを感じながら、日向・入郷地区における急性期を担う中核病院として 安全で質の高い看護を提供していくために

※看護師一人ひとりが患者さんやご家族の立場に立ち、
 安全で安心していただける看護の提供を目指します。

※専門職として看護実践能力を磨き、感性を高めながら成長していける
 看護師の育成を目指します。

※看護職が生き生きと働き続けることができる職場環境の体制作りを行います。
 そして何より地域のみなさまに愛される病院であるために取り組んでまいります。

看護部理念

「私たちは、思いやりのこころで患者さんに信頼される看護を提供します」

看護部の基本方針

1 患者さん一人ひとりを大切にし、安全で安心な看護を実践します。
2 多職種とチーム連携を図り、患者さん中心の看護を実践します。
3 専門職として自己研鑽に努めます。
4 地域との連携を図り、看護ケアが継続できるように努めます。

目指す看護師像

1 専門職として看護実践能力を磨き、感性を高めながら成長していける自律した看護師
2 豊かな人間性と思いやりのこころを持ち、責務を果たすことができる看護師

外来

外来は、定期通院を要する慢性疾患から手術や入院治療を要する急性疾患まで、幅広く対応しています。
スタッフは、救急外来や化学療法室も兼務しており、救急は、休日・夜間を含め365日24時間体制で医師やコメデイカルスタッフと連携を図りながら幅広い疾患に対応しています。
また、外来化学療法については、快適な空間で安心して治療が受けられるよう専門スタッフを配置し、患者さんがQOLを保ちながら治療を継続できるよう配慮しています。
外来は病院の入口であり、組織の顔であることを意識し、看護能力だけでなく、感性や思いやりの心を大切に日々の看護にあたっています。

1病棟

1病棟は、地域包括ケア病棟です。 地域包括ケア病棟とは、急性期の治療を終えた患者さんが退院に向けて準備を整える病棟です。 とくにリハビリに力をいれており、専従の理学療法士を中心に、よりよい 状態で退院できるようスタッフー同、在宅復帰に向けた組みを行なっています。 また、在宅での介護が困難になった患者さんの受け入れも行なっています。 医師を始め、医療ソーシヤールワーカー(MSW)や他職種とともに地域との連携を図り、患者さんが住み慣れた地域で生活できるような取り組みも行なっています。
スタッフは、年齢層が幅広く、アットホーム的な雰囲気のある病棟です。 笑顔と思いやりのこころで患者さんにきめ細やかな看護が提供できる病棟づくりを目指しています。

2病棟

2病棟は、47床の一般急性期の混合病棟で、多様化する患者ニーズや多くの診療科に対応しています。
急性期病棟は、入退院、検査・手術などが多く慌ただしい毎日ですが、患者さんが安心して入院生活が送れるよう、医師や多職種と協働したチーム医療を心がけています。 また、患者さんや家族の方に満足していただける看護が提供できるように、毎日のカンファレンスや定期的な勉強会を行い看護の専門性が発揮できるよう取り組んでいます。
スタッフみんなのチームワークを発揮し、思いやりのこころを持ちながら日々の看護を実践することで患者さんの1日でも早い回復を支援していける病棟作りをこころがけています。

3病棟

3病棟は、一般急性期病棟です。
各科の手術をはじめ、化学療法・呼吸器や循環器の内科的治療など様々な疾患の患者さんを受け入れ医師や多職種と協働してチーム医療を行っています。 忙しい病棟ですが、患者さんとのコミュニケーションを大切にし、寄り添う看護を心掛け、安心して療養生活が送れるように、日々の看護を行っています。 また、定期的な病棟勉強会や院外の研修に参加し知識の向上を図っています。
スタッフは、いつもお互い助け合える協力体制の良い病棟で楽しく働いています。

4病棟

4病棟は、医療型の療養病棟で、看護師13名、看護補助者10名が勤務しています。
一般病棟での治療を終えた後に、更に継続して治療を行う病棟ですが、自宅や施設退院までの調整期間の患者さんも受け入れています。
看護師と看護補助者が協力し、患者さんが安全で安楽な生活が送れるように、療養環境を整え日々の生活援助を行っています。
毎月看護師と看護補助者の勉強会を行い知識の向上に努め、患者さん個々に応じた看護を実践するためにケアカンファレンスを行っています。この病棟に入院して良かったと思っていただけるよう、患者さんやご家族の思いにこころを寄せて、思いやりのある、優しい笑顔で楽しく働いています。

血液浄化療法部(透析室)

当院の透析室は、ベッド数51床を備え、患者さんが快適な治療を受けて頂くために広々とした、ゆとりある空間と充実した環境を確保しています。
地域医療機関と連携を図り、約100名の維持透析患者さんの治療にあたっています。
当院の維持透析は、月・水・金が2クール、火・木・土が1クール行っており、QOLに寄り添って社会復帰の希望が叶えられる様な体制を取り入れつつ治療や看護及び透析生活を多職種のスタッフと協力しながらサポートさせて頂いています。
患者さんや御家族の立場に立ち、安全で信頼される透析医療を心がけ専門職として、看護実践能力を磨き日々技術の向上に取り組んでいます。

手術室・中央材料室・内視鏡室

当部署は、看護師17名、看護補助者3名が勤務しています。
手術室は4室あり、うち1室は内視鏡手術システムが完備され、様々な鏡視下手術に対応。また1室は、整形人工関節手術に対応したクリーンルームがあります。
内視鏡室は4室あり、胃カメラ・大腸カメラ・気管支カメラ等様々な検査を実施しています。
中央材料室では、手術器械や外来・病棟で使用した器械・器具類の洗浄・消毒・滅菌を行い、安全で質の高い器材を供給しています。
三つの部署を兼務し緊急手術・検査等24時間体制で対応しています。これらを行う為に多職種と連携し、絶妙なチームワークで患者さんをお迎えしています。
看護専門職としてのやりがいを支援し合い、自己研鎖に努め、患者さん中心に安全、安心をモットーにチーム一丸となって取り組んでいます。

教育について

当院看護部は地域医療の貢献、安心の医療環境づくりを目指して
各部署共に勉強会や院内・院外の研修などに参加し知識・技術の向上に努めています。

教育理念

病院・看護部の理念に基づき、専門職業人として自律した、看護職員を育成します。

基本方針

1.看護の専門職として、根拠に基づいた看護ケアの提供ができる
 看護職員を育成します。
2.看護サービスの質の向上のために、
 必要な知識・技術・態度の習得ができるように援助します。
3.組織目標の達成に向けて、看護実践や役割などを通して
 マネジメント能力を身につけることができるように援助します。
4.自己の学習意欲を高め、自らの満足度を上げることができるように援助します。
5.患者さんの訴えに耳を傾け、心のある看護ができる看護職員を育成します。

募集について

看護師・准看護師

お問い合わせ先

社会医療法人 泉和会 千代田病院
TEL : 0982-52-7111(事務長まで )

施設認定


JR日豊本線日向市駅より
バス・タクシーで約10分

お車でお越しの方は、
国道10号「新生町」交差点東へ2km

  • JR日向市駅東口乗降口 乗車
  • プラットバス:
    千代田病院前バス停(正面入口前)
  • 宮崎交通バス:
    曽根3丁目バス停下車 徒歩3分
  • 宮崎交通バス:
    イオンタウン日向バス停下車
    徒歩3分

- JR日豊線日向市駅時刻表
-プラットバス時刻表 東1コース/ 東2コース
-宮崎交通バス時刻表

社会医療法人 泉和会 千代田病院
宮崎県日向市大字日知屋字古田町88番地
TEL :0982-52-7111(代表)